WEBを利用する際に。

WEBを利用する際は、インターネットサービスプロバイダと契約を行う必要がありますが、契約の形態には様々なプランがあります。現在、普及が進んでいるのが光通信ですが、これは光を使って電波を送信し、通信速度を高めることでサービスを提供する、というプランです。光ケーブルの中にはガラスがあり、ガラスは光を反射しますが、その光に乗せて電波を送信する、ということです。

WEBが進化していく過程で一番最初に使用されていたのがアナログ回線です。これは、電話網の回線をそのままインターネットに利用したサービスであり、速度は非常に遅く、動画や音楽を再生することはほとんど不可能に近かったので、新たなサービスが登場しました。そのサービスとして、ISDN回線が開発されましたが、これは電話回線をインターネットを通して使えるように改善しているものです。このサービスは電話の電気信号を生成し、パケットとして利用できるようにしたのです。これにより、通信速度は大幅に上がり、動画や音楽の再生も、可能になりました。その次に登場したADSL回線が、現在最も普及している技術ですが、それが光回線に塗り替えられる日も、そう遠くはないように感じます。

関連サイト